≪第28回≫グリーンライフ株式会社 施設長 濱田勢津子さん

【全国展開!介護付き有料老人ホームのご紹介です】

「お仕事紹介といっても、関東ばっかりなのよね~」とため息をついていた方も多かったのではないでしょうか? 介護施設を全国的に展開する、グリーンライフ株式会様のご紹介です!
北は北海道から南は鹿児島まで、200床以上の大型施設もあれば小規模で家庭的な施設もあり、それぞれの特色を備えた環境になっています。希望すれば転勤も可能だそうですよ。

今回は千葉県松戸市の「シーハーツ小金原公園」様を見学させていただきました。きれいで新しく、マンションのような外観です。クリスマスの飾り付けがされた施設内にて、施設長の濱田勢津子様にお話をうかがいました。

◆飾り付けが温かい雰囲気で、とても素敵ですね。これは手作りですか?
はい、手作りです。スタッフが作ったものと、入居者様が作ったものもあります。小さな電球もひとつひとつ埋め込んでいるんですよ。季節感と、家庭の延長のような温かさを感じていただけるようにしています。入居者様のご家族がいらした時にも、「こういう感じで生活しているんだ」と安心してもらえているようです。

◆入居者様のご家族は、面会に来られる方が多いのですか?
よく来られますよ。入居者様はもともと近くに住んでいた方が多いし、今もご家族が近くにいる方も多いです。なじみのある場所に住みたい、住み慣れた地域を離れたくないという気持ちに応えられる、地域密着型の施設にしたいと思っているんです。
息子さん夫婦がこちらに住んでいて、故郷から親御さんを呼び寄せて入居される方もいます。「家族がよく来る場所」にしたいですね。

◆入居者様はどのような方がいらっしゃいますか?
平均年齢が89才で、介護度でいえば平均1.9です。車いすの方が3割ほどで、要支援1~要介護5の方がご入居されており、認知症の方も共に生活されています。人員配置は3対1基準を上回る、やや手厚い介護を行っています。スタッフは1人当たり3~5室ほどの担当を受け持っていますが、全員で全体をみるというのが基本です。

◆介護で大切なのはどういったことでしょうか。
「一人一人を知ること」ですね。食欲はどうだったか、レクに参加したかどうかなど、皆が「安心・安全」で「笑顔」でいられる事が大切だと思います。入居者様はその方によっても、その日によっても体調が変化する事があるので、スタッフが申し送りをして必ず情報を共有するようにしています。もし体調が悪いなどの場合も、早期発見につながります。
また入居者様だけでなく、来館されたご家族様に対しても、何か悩みごとがあればすぐ相談して頂けるように、ご家族様とのコミュニケーションもとっています。

◆ご家族からはどのような相談を受けるのですか?
例えばお金の管理について、息子さん夫婦と入居者さん本人の考え方が合わないなどの相談もありますよ。
また、中には親御さんの老いを受け入れられない方もいらっしゃいますね。「前はあれができたのに…」とか「これからどうなるのか…」など、不安や悲しい気持ちを持つ方もいます。私たちが経験の中から見てきたことをお話しさせてもらって、徐々に老いが進んでいくことを、寂しいけれど受け入れてもらえるように寄り添います。
また、施設に預けることについて、どうしても罪悪感を持ってしまうご家族もいます。まだ施設は「うばすて山」のようなイメージがあるんですね。施設は幸せではない、家の方がいいと思っている方もいますが、入居者様にはできるだけ家族のように、家にいるように寄り添うことを心掛けています。介護に疲れたご家族様にとっても、少し離れることで気持ちにゆとりが持てるようです。
ずっと独居を続けてきて表情が少なくなってしまった方が、施設に入ったことで刺激を受け、前向きで明るくなったとご家族に喜ばれるケースもあります。施設に入居したことは、本人様・ご家族様にとっても良いことだったと安心して頂けています。

◆入居者様だけでなく、家族のケアまでされているのですね。では介護職の経験がない人が働くのは難しいでしょうか?
施設では、未経験の方が入った場合、サポート担当として先輩スタッフが必ずついて教える仕組みになっています。まず入居者様のお名前を覚えるところから、1か月目はほぼすべての仕事について教え、1ヶ月、3ヶ月と段階的に一人でできる仕事を増やしていき、独り立ちさせていきます。夜間は夜間でサポート担当がつきますので、安心して仕事を覚えられると思いますよ。

◆こちらの施設で働いているスタッフについて教えてください。
正職員、パート、ナース、清掃まで入れて全体で31名が働いています。年齢は20歳代から70歳代までの方がいます。正社員の定年は60才ですが、希望により嘱託として仕事を続けることが可能です。介護は体力的にきついと思われがちですが、仕事内容を変えて70~80代まで働くことができます。ここでは事務所を含めて、みんなで施設を作っています。

◆参考までに、こちらの施設の就業パターンを教えてください。
早番が7時~16時、日勤が9時~18時、遅番が2パターンで10時半~19時半、9時半~18時半です。夜勤が16時~翌10時です。夜勤なしを希望する方は、現在は週5日のパート勤務のみとなります。

◆ 「介護は難しそう」と思っている人もいますし、経験者でも結婚や出産でブランクがある人もいますが、介護職にはどんな人が向いていると思われますか?

ポジティブで明るくて、自分の意見を持っている人だといいですね。「人が好きなこと」も大切です。
仲間や入居者様に「〇〇してあげたい」と思うなど、人に喜んでもらえることが好きな人に向いているのではないでしょうか。
介護職はこれからも人が必要になりますし、無くなることのない職業です。何歳からでも始められますし、資格を取ってスキルアップやキャリアアップもできます。未経験やブランクのある人は、まずパートから無理なくやってみるといいと思いますよ。
介護に限らず、どんな仕事も厳しいところは当然あります。「喜んでもらえてよかった」という気持ちをもって続けてほしいですね。

………………………………………………………………
入居者さんやスタッフ一人一人に明るく声をかけ、私たちの質問にも誠実に答えてくださる濱田さんの姿から、施設の雰囲気をより良いものにしていこうという気持ちが伝わってきました。お話の中で「私もシングルマザーなんですよ」とさらりとおっしゃっていましたが、だからといってシングルマザーを特別視するわけではなく、どの人にとっても仕事は大事だし、どの仕事にも楽しいこともつらいこともあると受け止めていらっしゃるようでした。

いろいろと説明を聞きながら施設内を見学している際、急に濱田さんが「ドンっと物音がした」と言って走っていったことがありました。入居者さんが椅子をぶつけた音とわかってすぐに戻って来られたのですが、誰かが倒れたとか、ぶつかったとか、常に事故の可能性を想定して瞬間的に仕事に入れるのはやはりこの仕事ならではのプロ意識。看護師なども同様かもしれませんが、人の命を預かっている責任感やスピード感を感じました。

現在この「シーハーツ小金原公園」では求人募集を行っていないそうですが、グリーンライフ株式会社が運営する介護施設は全国にたくさんあります。お近くの地域で探してみてくださいね。
働いてみようかな、と思うところがあれば施設見学会も行いますので、お気軽に日本シングルマザー支援協会までご連絡ください。お待ちしています!

グリーンライフ株式会社の介護施設検索はこちら

ひとりで悩まず、当協会の会員になりませんか?(無料)

登録・会費は無料です。
読むだけで勇気・元気・一歩踏み出せるメルマガをお届け
■3つの柱:1 お金を稼ぐ力を養う
■3つの柱:2 共感しあうコミュニティ
■3つの柱:3 再婚という幸せ