≪番外編・働く人企業インタビュー≫ 株式会社ワークステーション

【やらない理由がわからない。キャディはシングルマザーにあった仕事だと思います】

関西で名門カントリーとして知られる「西ノ宮カントリー」。
キャディとして働くシングルマザーにお仕事が終わった後、お話を伺いました。

■家族構成を教えてください。
現在32歳、小学4年生の男の子と小学2年生の女の子の三人暮らしです。離婚して5年経ちます。

■前職はどんなお仕事をされていました?
配達の仕事です。ハイエースで工事現場に資材を運ぶ仕事をしていました。朝8時30分から17時30分まで働いて日給1万円です。

■なぜこのキャディというお仕事を選んだのですか?
日給です!(←きっぱり)
9時30分~15時30分、1日5時間で12,000円、待遇・福利厚生がしっかりしていて、子どもの休みも融通がききます。効率良く稼げて、ママに優しい時間、何より子どもに「おかえり」が言えるところですね。

■キャディと言えば「朝が早い!」イメージがあるのですが、一日の様子を聞かせていただけますか?
6時    起床 お弁当と朝食作り

6時30分 子ども達を起こす

7時30分 家を出発

7時50分 子供たち登校

8時 先輩と待ち合わせ、車に同乗

8時15分 ゴルフ場到着、準備

9時30分 キャディ業務開始

15時30分 お仕事終了

まっすぐに帰宅すれば16時半には自宅にいます。なので学童や習い事から帰ってきた子供たちに「おかえり!」が言えて宿題も見てあげれます。

■働く前と働いてからの印象は変わりましたか?
はい、働く前はゴルフのことを全く知らなかったので、「ファー?」と叫ぶ仕事と思っていました(笑)。もちろんご不安もありましたが、先輩も優しくて、適度な運動もできて楽しい仕事だと思っています。活動的で健康的な仕事という印象です。

■キャディのやりがいについて聞かせてもらえますか。
この仕事は正直、体力・メンタルが強くないと出来ない仕事だと感じています。最初は誰でもゼロからスタートで未経験者です。失敗をしたらすぐに落ち込んで、泣きそうな気持ちになることもありましたが「まだ1年でそこまで出来るのはすごいね」「グリーンやヤードも良く分かっているね」とメンバー様から声をかけていただくと、すごく嬉しくて「もっと頑張ろう?」という気持ちになり、やりがいを感じています。

■もしかしてゴルフはじめました?
はい!ゴルフのテレビ番組になったらチャンネルをすぐに変える位、興味がありませんでした。
それがキャディをはじめてゴルフにも興味が出て来て、今ではたまにラウンドにも行き、毎月の研修会にも参加する位、ハマっています。

■ちなみにスコアは?
えっーー!初めてのラウンドは180台で、今は120台です。(←立派です)

■キャディの仕事に興味を持った会員さんにメッセージいただけますか。
短時間で稼げて、子どもに「おかえり!」が言えて、自分が健康になれる。「お金」「子ども」「健康」三拍子がそろって、シングルマザーにピッタリな仕事だと思います。やらない理由がわからないですよ。仕事に限らず、物事は考え方次第だと思います。

ありがとうございました。

終始笑顔でインタビューに答えてくれた彼女。
「稼ぐ」という目的があるので、その手段にブレがない、芯の強い女性でした。
先輩やメンバー様にも可愛がられ、私たちがイメージするキャディ像を明るく吹き飛ばしてくれました。
≪インタビュー:シングルマザーサポート飯原淑子≫

ひとりで悩まず、当協会の会員になりませんか?(無料)

登録・会費は無料です。
読むだけで勇気・元気・一歩踏み出せるメルマガをお届け
■3つの柱:1 お金を稼ぐ力を養う
■3つの柱:2 共感しあうコミュニティ
■3つの柱:3 再婚という幸せ