≪番外編・働くシングルマザーインタビュー≫ 大東建託株式会社 中垣さん

大東建託株式会社 中垣さん
中垣 恵 様 (年齢:46歳) 松本支店所属

 

入社1年目:成績優秀者研修に参加されるほどの凄腕営業レディですが、とても小柄でチャーミングなシングルマザー。自分で決めた人生を生き抜く力がみなぎっていらっしゃいました。

  • ご家族構成:長女20歳(社会人2年目)、次女17歳(高校2年生)
  • シングルマザー歴:7年目

 

入社のきっかけを教えてください

前職は美容関係の仕事をしていました。社長が立ち上げたばかりの会社で、お金よりもやりがいで選んで、朝から晩まで、夜中1、2時まで普通に働いていましたね。(笑)

エステで施術して、売上考えて、店舗運営から会社経営まで、社長と一緒に何でもやりました。仕事こそ人生。子供たちにはお金で苦労させましたが、やりたいことをやっているキラキラしているママだったらいいよね!と思わせていました。

そんな中で、次女が状況をわかっていながら、話を聞いてほしいと・・お金がないのをわかっていて進学したいと言うんです。何度も何度もわかってほしい、進学したいんだと。

45歳、貯金ゼロで本当に大変でしたので、一念発起して転職活動を始めました。大東建託の募集広告には「やる気だけあればいい。」と書いてあって。やる気だけなら!今までの仕事より大変なことはないだろうと応募しました。

「営業は大変だよ」と周りに言われました。でも私は、大丈夫だよ。大変な方がいいじゃんと思えたんです。それでもやっぱり、「建築営業は男ばっかりのイメージだし、辞める人も多いよ。」と言われましたが、娘も頑張っているから、私も頑張ろうと、それで入社を決めました。娘の進学を叶えることが目的です。珍しく娘のために頑張ろうと思いました。(笑)

 

他の選択肢は考えませんでしたか?

もう一つ考えたのが、定時までの事務職を探して、夜とか休みとかに前職をやる方法でのWワークも考えました。50歳位までなら体力続くかな、とも考えたのですが、大好きな仕事だからこそなんだか中途半端になりそうでやめました。全く知らない世界でチャレンジする、どれだけできるかわからないからこそ、成長する。子ども達にいい背中が見せられるかなと思って。大変な方に進んだ方がいいかなと思ったんです。

 

建築営業で働くことに不安はありませんでしたか?

ほとんどなく。周りは勝手に言っとけと思って(笑)

例えば、「子供が小さくて保育園にお迎えにいけないで、かわいそう。」「延長保育に預けるのかわいそう。」って言いますけど、周りの方だけがかわいそうと思っていて、「かわいそうだね」って言うから、子供は「私、かわいそうなのか」と思うだけで、本当は本人はかわいそうなんて思っていない。環境が「かわいそう」にするんです。

専業主婦していて、普通に幼稚園にお迎えに行って、2時くらいですよね?それから帰って、ずっとゲームやメールしているお母さんがいいのか?少ない時間でも、頑張ったねって話を聞いてあげて、少ないからこそ向き合ってきました。娘が小さい時から働いてきて、周りにいろいろ言われます。切ないこともありましたけど、ずっと働いてきました。

自分が働いて育てるしかないので、結局誰も支えてくれない。でもそれで、十分幸せ。母にも言われましたけど、周りに言わせない強い気持ちで。「見てて、貴女の娘だから信じて。」と言い続けてきました。

母親として踏ん張れるのは、子供がいるから頑張れる。離婚を決意した時って子供を守るって気持ちがあるから、働くしかないって腹が決まると思うんです。

 

お仕事のやりがいはどんな点ですか?エピソード的なものがあれば。

この仕事は、募集要項の通りで経験が通用しないです。本当に一からやるしかないですが、誰でもチャレンジできますし、素直にやってみることです。45歳過ぎて、また新しいことにチャレンジできるんですよ。今までのキャリアを深めるのもいいですけど、いろんな世界でできないことがいっぱいあれば、自分に磨きがかけられる。本当に転職することはいいと思います。この会社は本当にそういう人にフォロー、サポートがあります。人とのつながりがあり、サポートしてくれます。

課長からのサポートは手厚く、良く話しています。行き詰ったことや自分の考えを話すと、それはこうだよとか、説明とかやりとりとか、1時間でも2時間でも付き合ってくれます。コミュニケーションをとってくれます。人として、ということを教えてもらっています。この課長とだったら、支店長とだったらと思って働けています。営業なので、うまくいかないときもありますが、課長、支店長の支えがあって、あともう一軒まわろうと頑張る力になっています。

大東建託株式会社 中垣さん

最初の頃は門前払いや、うまく話せない、と言うことはたくさんあったのですが、相手の懐にまで入っていく仕事なので、聞く作業に徹するようにしたときに「本当は女房にも言っててないことがあるんだ。」「こういう風にしたいんだ。」と気持ちが変わっていって、思いを教えてもらって、そこからご契約につながっていくんです。

「気になっていることってなんですか。」とお聞きするとそこから「実はね」とか「女房には感謝しているんだよ」「なんかあなたには話したくなった。」そう言って、一緒に人生経験を話して涙することもありました。

「頼むよ」「あなたに託したからね」と言われると、誠実に誠意をもってと改めて思う言葉で、ご年配の方の言葉って心に響くんですね。誠実に誠意をもっていれば、お客様に育ててもらえます。もちろん、心が折れそうなときもありますが、課長・支店長はそれでもちゃんと見ていてくれますし、大丈夫かと声をかけてくれます。そうやって、人にも環境にも恵まれています。

 

家庭と仕事の両立はどのように乗り越えてこられましたか?

保育園の頃は、朝のうちに夕飯まで作っておきました。帰ってきてから「お母さん忙しいから待っててね」の時間をなくすために、ごはんは帰ったらチンだけにしておいて。一緒にご飯食べて、お風呂入ってです。1時間早く起きるだけでできますから。

少し子供が大きくなってからは、家事が出来るように教えました。簡単なものをできるように、ちょっとずつ。そのうち、ママが帰ってきたら食べようね!って作って待っていてくれるようになりました。洗濯も家事も、それぞれに仕事を責任もってやるように教えて、少しずつできるようになっていきました。

また、自分がいなくても生活できるようにと、私と連絡がとれないときでも、ちゃんと判断できるような力を付けていくために生活力を身につけさせました。私は生きて帰るとは限らないので、私に万が一のことがあって、悲しくて何もできないようじゃ、今まで頑張ってきた意味がないじゃないですか。

目の前の石ころをどけてあげるのは簡単ですけど、それを乗り越えてもらわないと。

自分が子供のころやりたかったことを子供にやらせたい、とか、自分が寂しかったから子供が寂しいとか、自分の想いを入れてしまいがちですが、それはお母さんがやらせたいだけです。変なプライドだと思います。それは甘えだとも思います。子供を育てていくと決めたら、母親だけでは今までみたいにはできないことをしっかり伝えます。一緒にいたら、子供の生活するお金が生めないですからね。

 

長野にお住まいですが、ご実家住まいではないんですか?

離婚して半年間、実家に言わなかったんです。(笑)

実家に帰っておいでとか、家賃払えないでしょとか言われると思ったので。意地ですね。半年頑張って大丈夫よって言えるように。ちゃんと自分で育てると決めたので頑張りました。

 

子育てしながら働くことで良かったことは何ですか?

「働いているママがキラキラしてるから好きだよ」って、子供が言ってくれることですね。仕事は、上の娘も少し厳しい職場環境にあるんですけど、それをどう良くするか考えています。頑張っているんです。仕事に責任感を持って働いてくれています。

契約が決まったとかの仕事の成果については、子供にも正直に言っています。

ただ子供に言っているのは、私だけの力じゃなくてみんなのサポートがあって、関わってくださって、みんなのお蔭で契約をいただいたよって伝えます。みんなのサポートがあっての契約、自分の力だけじゃないと話すと、「ママの周りはいい人ばかりなんだね」と言ってくれます。そして、その環境は自分でつくるんだとも伝えています。同じ環境でも辞める人がいる中で、居やすくするのは自分。自分が居やすい環境を作るのは自分自身だと思います。

私は、挨拶、感謝、を徹底しています。今日の研修で「採用していただいてありがとうございます」と社長に直接言えたのがとても嬉しかったんです。

子供の進学に関して、どこでも選んでいいよって言える環境にしてもらえたのは、採用していただけたお蔭。昨年の夏は、初めて家族旅行に行けたんです。下の子は本当に初めてで、とても喜んでくれました。

 

今後の目標を教えてください。

娘たちに、実家を作ってあげたいんです。マイホームを作ってあげたい。実家というホッとする場所を作ってあげたいと思っています。離婚の時にあった自分の家を捨ててきているんです。子供たちもたまに「あの家はよかったね」と話すこともあるので、子どものために実家を作りたい。それが一番の希望です。

仕事では、自己完結できるようになりたいですね。お客様からも会社からも信頼をいただける営業マンになりたいです。

 

大東建託様で働くか検討しているシングルマザーにメッセージをいただけますか。

営業なので時間は自分次第です。定時は五時半、そこまででいかに仕事ができるかというのは考え方次第です。この会社は自分磨きとチャレンジが出来ます。本当にやれば稼げます。子ども達に「好きなだけ食べていいよ」言ってあげられるのはかっこいいですよね。ぜひ、チャレンジしてください。素直な心と元気があれば、それだけで大丈夫な会社です。

 

ひとりで悩まず、当協会の会員になりませんか?(無料)

登録・会費は無料です。
読むだけで勇気・元気・一歩踏み出せるメルマガをお届け
■3つの柱:1 お金を稼ぐ力を養う
■3つの柱:2 共感しあうコミュニティ
■3つの柱:3 再婚という幸せ