第23回シングルマザー月間MVP 茨城のSさん

「これから一歩進みだそう」としているシングルマザーのロールモデルとなる、「今週一歩進んだ」シングルマザーを毎週発表。自立に向けて実際に動いている人が「何を考え」「どう動いているのか?」何より、「その原動力は何なのか?」
あなたも続いてくださいね。日本シングルマザー支援協会が寄り添います。


2020.02.29
第23回シングルマザー月間MVP

未経験から営業職へと転職される方が増えています。

皆さんとっても頑張っています。企業からも「感謝」されているほどです。最近では協会からの紹介だと、採用がされやすくなっているのも感じます。

日本シングルマザー支援協会と会員さんの信頼関係

企業と日本シングルマザー支援協会の信頼関係

それがあるからこそ、必ずできていくと想像できる、会員さんと企業の信頼関係。

ここまで見据えてくれるようになったのだと、『MES人財開発採用プログラム』ができているのを感じています。

 

収入を上げると覚悟はしたけれど、やってみたら辛いことも多い・・・

その時の辛い感情も、「もうダメ。。。」という感情も、「私にはできない。。。」と思ってしまうこともいつも報告をくれました。

その都度、私たちも出来る限りのサポートをしてきました。

そしてなんと!「ちょっと前に悩んでいたことをやっと乗り越えてきました。

まだまだ不安が襲うときもあるかと思いますががんばります」「協会会員として誇らしく思います。後輩も入ってきて、みんなプレッシャーゾーンの真っ只中なので、話しを聞いたり、できるかぎりの助言をしたり、不安を取り除いてあげたいと思います」

 

ここまで数ヶ月で大大大成長!

素晴らしすぎて、スタッフ一同「おー」との歓声があがるほど。

 

茨城県のSさんに贈らせていただきます!!!
おめでとうございます。

 

Sさんのコメント

この度はMVPに選んでいただきありがとうございます。

まだまだ半人前の私にこのような賞をいただき、たいへん恐縮です。

 

一ヶ月前までは「私には無理かも、しんどい、胃が痛い、職域に行きたくない」と何度泣いたことか。

その度に泣き言を聞いてもらい、江成さん、山木さんに背中を押していただきました。

 

思考ひとつ変えるだけで、心が軽くなっていく感覚をはじめて体験しました。

江成さんや山木さんのおっしゃられた通りに実践すると、胃が痛いのが治ったり、眠れない夜が眠れるようになったりするのです。

「魔法ですか?」とついつい聞いちゃったりもしました。

 

悩んでお風呂でひとり号泣したこともありましたが、今では何で悩んでいたかもすっかり忘れちゃいましたね。

あ、これがプレッシャーゾーンを越えていく感覚なのでしょうか。

 

毎日の活動では、「元気に、丁寧に、謙虚に、毎日会いに行く」を実践していたようで、先日お客様の方から、「ちょっと相談があるんだけど」とお声がけいただきました。

 

 

認めてもらえたようで、嬉しくて飛び上がる気持ちで、手が震えて仕事にならなかったです(笑)

そして今、「試験のためにがんばらなきゃ」、という気持ちから、「お客様のためにがんばらなきゃ!」という気持ちに変わってきています。

ロープレも検定も、受かるのが目的でなくその先のお客様のためですものね。

 

また、お客様のお宅を訪ねて、「来てもらえるのが嬉しい」と言っていただけると、「私がずっと守りますから!私は辞めませんから安心してくださいね!」と言っている自分がいました。

 

まだまだ浮かんでは落ち込んでの繰り返しの中ですが、毎日一歩、いや半歩でも進めたらいいかなと、そんな気持ちで、焦らずに確実に前へ進んでいけたらと思っています。

 

「素直な人間がいちばん成長する」

まさにこの言葉通りだと思います。

もし今悩んでいる方がいたら、「私にはできない、無理」と決めつける前に、一度一歩を踏み出す勇気を持って欲しいと思います。

 

そして、「私には協会がそばにいてくれるから大丈夫!」という気持ちでいてください。

私のように、泣き言なんでも聞いてもらって元気になって進めば、きっと明るい未来が待っていると思います。

 

まだ道半ばですが、私も協会の皆様といっしょに前に進んでいこうと思います。ありがとうございました!

 

会員登録はこちら
登録・会費無料。あなたに寄り添うメルマガをお送りします。

 

ひとりで悩まず、当協会の会員になりませんか?(無料)

登録・会費は無料です。
読むだけで勇気・元気・一歩踏み出せるメルマガをお届け
■3つの柱:1 お金を稼ぐ力を養う
■3つの柱:2 共感しあうコミュニティ
■3つの柱:3 再婚という幸せ