シングルマザー支援協会の「働き方教育」と「働きがい改革」
女性には、意識を変えて人生も変える「働き方教育」の講演・研修
男性には、働きがいと経済成長「働きがい改革」の講演・研修

働き方教育とは

どんなに求められても、女性が社会で活躍するのには恐怖心がある。子育てと家事の責任を負っている女性は、仕事という責任を新たに負うことになるのは怖いことでもある。しかし、「女性活躍」という流れの中で、立場だけは与えられる機会がふえてきた。しかし、それを受け入れるための学びをする機会がないのが現状です。

男性に置き換えた時、「明日から子育てと家事を奥さんと同じレベルでやってね」と言われているのと同じこと。奥さんと同じように子どもを寝かしつけることができますか?洗濯物をたたむことができますか?ゴミの日を把握していますか?

女性が社会で最大限に自分のポテンシャルを発揮するためには3つの学びが必要となります。
「社会性を知る」
「生産性を知る」
「自分を知る」
この3つの学びから、安心して子育てをしながら社会で活躍できるようになります。

女性の社会への恐怖心は責任感の強さからくるものです。ここを乗り越えた女性が多く社会で活躍することは、社会にとって有益な財産となります。

働きがい改革

男女には性差があります。これを理解することが男女平等の本質ですが、男性が多くを占める社会が当たり前の中で、女性の活躍=男性の活躍という誤解が蔓延しています。重い荷物を持つのは男性の方が得意な人が多く、身の回りの整理整頓は女性の方が得意な人が多いものです。個々人の特性を活かすことが、働きやすさとなってきている時代背景もあり、企業は長年の風土を変える必要性がでています。

「人材不足」
「イメージの払拭」
「マーケティング」
顧客も働きやすさもファン作りが軸。企業ごとに違う働きやすさ、ファン作りを一緒に取り組んでいます。

 

法人・地方自治体の皆様

協会へは設立5年で有難いことに、法人・自治体より500件以上のお問合せを頂いております。多くの事業を共に取り組みをさせて頂き、企業・自治体のニーズにあった情報もご提供できるようになってまいりました。更にお役に立てる情報を提供していきますので、宜しくお願いします。