「白川村ビジネスコンテスト現地視察バスツアー」
キャンセルがあり残2組です!!

高校生から社会人まで、白川村ビジネスコンテストに参加する企業や個人の方が参加。
男性も女性も、岐阜からも東京からも、企業も個人も。
多様な人々と過ごすバスツアーは刺激的です。

白川村ビジネスコンテスト現地視察バスツアー開催年間170万人の観光客を誇る白川郷でのビジネスコンテストに向けて、事前現地視察バスツアーを開催します。
岐阜駅からは送迎バスをご用意させていただきます。世界遺産見学や、現地の商工会の方との交流、基調講演と内容は盛りだくさんです。
基調講演のゲストには株式会社マツモトキヨシホールディングス元取締役でもあり、地域創生プランナーの松本和巳さんをお招きして地方移住やビジネスについてお話ししていただく予定です。


◆現地の美味しいものをご用意しております
◆自治体の人や最近移住して来た方との、白川村の良さや困り事を生で聞けます
◆ビジコン仲間ができます
◆リアルなビジネスプラン作りに
世界遺産を実際に目で見て、触れるチャンス!
日時:7月19日(金)
集合場所:岐阜駅
費用:無料※限定20名(同行者1名様まで可能)
但し応募者多数の場合はご遠慮いただく場合もございます。
※岐阜までの交通費は実費
※帰りはバスにて岐阜駅へお送りします。
※予定は変更する場合がございます。
~バスツアータイムスケジュール(予定)~
09:30 岐阜駅集合
◆エントリー者同士の交流
◆白川村のお話
◆ヒアリング
12:30 白川村世界遺産エリアに到着
12:30 昼食(白川村にてご用意)
14:00 平瀬地区白川村南部地区文化会館へ移動
◆白川村商工会の方々との交流
◆基調講演:松本和巳様
17:00 白川村出発
20:00 岐阜駅解散

基調講演ゲスト松本和巳

1965年2月27日生まれ
日本大学法学部卒
映画監督・演出家・脚本家
地域創生プランナー
一般社団法人シンプルライフ協会 代表理事
経歴
衆議院議員
株式会社マツモトキヨシ(現マツモトキヨシホールディングス)元取締役

講師略歴~
マツモトキヨシ創業家であり元取締役、衆議院議員も経験。
2018年には北海道ニセコ町を舞台にした長編映画に挑戦し、そこから見えた社会課題解決のため、人との関わり方、自分のあり方を「ライフスタイル」から提案するため、一般社団法人シンプルライフ協会を旭川市に立ち上げる。旭川駅前広場でタイニーハウス(移動式の小さな家)の宿泊体験や、新技術農業とライフスタイルをテーマにしたドローン直播栽培のお米を実験販売する活動など、新しい視点からの地方創生や移住時事業を行なっているスペシャリスト。

 

白川村の冬
白川村の夏
白川郷放水

白川村ビジコンに応募しませんか?

白川村とは?

  • 1995年12月 ユネスコ世界文化遺産登録
  • 観光客年間約180万人の集客力
  • 毎年来場者集三万人以上!どぶろく祭り!豊饒の秋に行われ、どぶろくというお酒をふるまわれる歴史あるお祭り。
  • 外国人(インバウンド)観光客数、毎年増加
  • 四季折々の表情豊かな美しい景観
  • 有名天然飲料水に利用されている美しい水源
  • 合掌造りのシンボル白川産のかや
  • 雄大な御母衣(みほろ)ダム
  • 美しい秘境白水湖

 

ビジネスコンテスト応募資格

  • 年齢不問!学生可!
  • 個人/企業 不問!
  • 何か人の役に立ちたいと言う想いがある人
  • 白川村が好きな方で、村の人達と共同で魅力を世界発信したい方
  • 白川村の素材を生かした白川村の特産品の開発に携わりたい方
  • 自分の起業アイディアがある方で白川村と組みたい方
  • 人に興味があり人と接することが好きな方
  • 村おこしに興味があり、村の人と一緒に未来を描きたい方
  • 自分の夢を語れて人の夢も聴ける方
  • 世界規模のビジネスに村の力を借りてチャレンジしたい方
  • 人材を活かすノウハウを持っている方

※一つでも当てはまればエントリーをCLICK

あなた × 白川村

  • 優秀賞 賞金50万円
  • 白川村の全面サポート
  • お金では絶対に買えない、人とのつながり「結」の精神が根付いている白川村の現地の方々の協力体制がございます。あなたのできる事と白川村のできる事をお互いに最大限に発揮できます。
  • 現地視察&ビジネスブラシュアップセミナー付きバスツアー(昼食付)開催!(限定20名様)

バスツアーお申込みこちら

 

 

 

 

 

審査員長
白川村商工会
会長 長瀬吉実

審査員
地方創生さわやかサポーター
理事長 菊池俊矩

審査員
早稲田大学教授・農学博士
人間科学学術院長補佐 柏 雅之

 

審査員
シングルマザーサポート株式会社
代表取締役社長 江成道子

審査員

大会委員長
白川村
村長 成原 茂

白川郷ビジネスプランコンテスト開催によせて

平成7年12月に世界文化遺産に登録された白川郷合掌造り集落を有する岐阜県大野郡白川村。今も人々が営む姿は生きる遺産として、時に「日本の原風景」などと揶揄されながら、今や人口1600人の村に年間170万人を超える観光客が国内外から訪れる観光地となり発展を遂げてきました。

白川郷合掌造り集落を見れば華やかな観光産業の発展に見えるが、その礎には地域住民が一丸となってこの風景を守ってきた努力があります。世界文化遺産に登録される前、昭和40年頃から集団離村等で減少してきた合掌家屋を守ろうと、昭和46年に荻町集落の自然環境を守る会が発足。「売らない」「貸さない」「壊さない」の三原則の住民憲章を今も守り繋ぎ、変わらないことで白川郷は世界文化遺産に登録されましたが、これからもその努力は惜しみません。

しかし、そんな合掌造り集落を基点に現在の白川村の観光産業は本当に発展しているのでしょうか?
白川村の本来の良さは周囲を形成する山の自然にあり、村全体に散らばっています。
広大な村内には霊峰白山、国立公園大白川園地、平瀬温泉、白山白川郷ホワイトロード、天生県立自然公園など、知る人ぞ知る恵まれた観光資源がありながら、合掌造り集落と比べると認知度と来場者数の格差は広がるばかりです。

また、訪れる観光客は日帰りがほぼ全てで、滞在時間の短い団体ツアー客が多い。それでいて一人当たりの平均観光消費額は2,808円(白川村,㈱リクルートライフスタイル2017年度調査)と少ない。観光消費額の一部を担う土産品を見ると、大半数が村外で作られた品々が店頭にならびます。本来ならば村内で出来た農産物などは観光を通して消費し、村内の利益となるはずが、村外へ流出していることで村内経済の衰退につながっています。

年間観光客数は増えていくのに人口は減少するばかり。高齢化する働き手と地域の担い手不足では増加する観光客は受け入れたくても受け入れきれないのが村の現状となっています。
村民は日々そんな不安や課題を抱えて暮らしています。
令和という新たな時代を迎えた白川村の次の一手は「暮らしと観光のバランス」。
観光も量から質へと転換を求めています。
地域のつながりも深いこの村は観光ばかりが暮らしではありません。
それでも持続可能な地域産業を創りたい。
新しい時代のあるべき白川村を創りたい。
いつまでも住み続けたい白川村にしたい。こんな想いから白川村は皆さんに問いたい。
観光でバランスのとれたビジネスがここ白川郷で出来るのでしょうか?
贅沢ながらも切実なこの課題を、あなたと一緒に解決していきたい。
皆さんのご応募お待ちしています。

白川村



白川村バスツアーお申込みはこちらです。

お名前(必須)

ふりがな(必須)

年齢(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

このビジネスコンテストを何で知りましたか?
シングルマザーサポート株式会社男女共同参画センター高校起業創業塾Facebookライン@ビジネスコンテストLPその他

「その他」を選択された方は具体的にお書きください

個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーを下記の通り遵守します。
同意いただける場合は、「同意する」にチェックを付け、「送信ボタン」を押してください。

当サイトでは、エントリーに伴いお客様の個人情報をお預かりすることになりますが、そのお預かりした個人情報の取扱について、下記のように定め、保護に努めております。

【利用目的】
1、白川村ビジネスコンテスト事業(以下、当事業)に関する各種ご案内を行い、当事業を円滑に推進するため。
2、関連団体間での共有を行い、当事業の審査及び今後のサポート業務実施においての円滑な事務業務実施のため。

【第三者への提供】
当事業は法律で定められている場合を除いて、お客様の個人情報を当該本人の同意を得ず第三者に提供することはありません。

【個人情報の取扱い業務の委託】
当事業は事業運営上、お客様により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託しており、業務委託先に対してお客様の個人情報を預けることがあります。
この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などによりお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

【個人情報提出の任意性】
お客様が当事業に対して個人情報を提出することは任意です。
ただし、個人情報を提出されない場合には、当事業からの返信やサービスを実施ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【個人情報の開示請求について】
お客様には、貴殿の個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除および利用又は提供の拒否権を要求する権利があります。
詳細につきましては下記の窓口までご連絡ください。

【運営事務局】
シングルマザーサポート株式会社
個人情報問合せ窓口
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-12-2 高田馬場OCビル
責任者:個人情報保護管理者 江成道子

 同意する


送信後すぐに自動で控えメールをお送りいたします。
もし控えメールが届かなかった場合は、info@singlemother-support.co.jp
または 03-5937-8471 までご連絡下さい。




白川村ビジネスコンテストエントリーはこちらです。

お名前(必須)

ふりがな(必須)

年齢(必須)

電話番号(必須)

メールアドレス(必須)

このビジネスコンテストを何で知りましたか?
シングルマザーサポート株式会社男女共同参画センター高校起業創業塾Facebookライン@ビジネスコンテストLPその他

「その他」を選択された方は具体的にお書きください

コメント

個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーを下記の通り遵守します。
同意いただける場合は、「同意する」にチェックを付け、「送信ボタン」を押してください。

当サイトでは、エントリーに伴いお客様の個人情報をお預かりすることになりますが、そのお預かりした個人情報の取扱について、下記のように定め、保護に努めております。

【利用目的】
1、白川村ビジネスコンテスト事業(以下、当事業)に関する各種ご案内を行い、当事業を円滑に推進するため。
2、関連団体間での共有を行い、当事業の審査及び今後のサポート業務実施においての円滑な事務業務実施のため。

【第三者への提供】
当事業は法律で定められている場合を除いて、お客様の個人情報を当該本人の同意を得ず第三者に提供することはありません。

【個人情報の取扱い業務の委託】
当事業は事業運営上、お客様により良いサービスを提供するために業務の一部を外部に委託しており、業務委託先に対してお客様の個人情報を預けることがあります。
この場合、個人情報を適切に取り扱っていると認められる委託先を選定し、契約等において個人情報の適正管理・機密保持などによりお客様の個人情報の漏洩防止に必要な事項を取決め、適切な管理を実施させます。

【個人情報提出の任意性】
お客様が当事業に対して個人情報を提出することは任意です。
ただし、個人情報を提出されない場合には、当事業からの返信やサービスを実施ができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【個人情報の開示請求について】
お客様には、貴殿の個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除および利用又は提供の拒否権を要求する権利があります。
詳細につきましては下記の窓口までご連絡ください。

【運営事務局】
シングルマザーサポート株式会社
個人情報問合せ窓口
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-12-2 高田馬場OCビル
責任者:個人情報保護管理者 江成道子

 同意する


送信後すぐに自動で控えメールをお送りいたします。
もし控えメールが届かなかった場合は、info@singlemother-support.co.jp
または 03-5937-8471 までご連絡下さい。


主催 白川村Webサイト
共催 地方創生さわやかサポーター認定協会
〒105-0001東京都港区虎ノ門1-7-6升本ビル6階

運営・問い合わせ先
シングルマザーサポート株式会社
住所 東京都新宿区高田馬場3−12−2高田馬場OCビル
TEL 03-5937-8471
お問合せ(「白川村ビジコンの件」とお書き添えください)
フォーム
https://singlemother-support.co.jp/contact/
メールアドレス
担当:山木
yamaki@singlemother-support.co.jp
担当:田中
tanaka@singlemother-support.co.jp