シングルマザーは挑戦する、子どもたちのために

東京駅構内でカフェすら見つけられない江成です。

26歳の女性社長を紹介してもらいました。
シングルマザーで、起業して3年とのこと。

「女性が活躍できる仕事を作る」
という同じ想いであり、必然的に営業職を勧めることが多くなるのも似ている。

コラボしていきましょう!となりました。
親子ほどの年齢差がある女性同士がコラボすることに、とても意味を感じるんです。
若い人から学ぶという、私たちが成長するためにも大事なことを忘れてはいけないし、伝えなきゃいけないことを伝え続けることも忘れちゃいけない。何よりも、親子と考えれば、親側の年齢の私たちが新しいことを受け入れて挑戦する力を更に身につけないと、新しいことに挑戦できない子ども側の人が増えてしまう。

日本シングルマザー支援協会で支援しているシングルマザーの年齢層は30代後半から40代が多い。この年齢層の課題を解決しておくことは、今の若い女性がいくつになっても挑戦できるという希望にもなる。

私たちの努力は、若い人への希望に繋がるんです。
「子どものため・・・」と思うのであれば、自分自身が挑戦していくことなんです。
恐れずに前に進む。それこそが伝え続ける大事なことです。

 

 

【シングルマザー No00090】
山木三千代、MES(ミーズ)への想い【シングルマザーの自立は必ずできる】

【シングルマザー No00089】
江成道子、MES(ミーズ)への想い【シングルマザーの自立は必ずできる】

新年のご挨拶
あなたをスターにします:シングルマザーチャンネル

【シングルマザー No00088】
養育費保証:シングルマザーチャンネル

【シングルマザー No00087】
就職には資格ではなくコレ:シングルマザーチャンネル

【シングルマザー No00086】
資格をとっても:就職できない:シングルマザーチャンネル

【シングルマザー No00034】
離婚の教科書①:シングルマザーチャンネル

ひとりで悩まず、当協会の会員になりませんか?(無料)

登録・会費は無料です。
読むだけで勇気・元気・一歩踏み出せるメルマガをお届け
■3つの柱:1 お金を稼ぐ力を養う
■3つの柱:2 共感しあうコミュニティ
■3つの柱:3 再婚という幸せ