相談しようプロジェクト

問題の多くは早めの相談で起こらない!
【相談しよう!プロジェクト】

こんなご意見から生まれました

「10年誰にも相談できませんでした」
という50代のシングルマザー。
今からでも何でもできるけど、10年前だったら今よりも今が楽になっていたんです。

「もう3年、何をしていいか分からないまま過ぎています」
3年動けないのは、動かないのではなく、動き方が分からないからです。動き方は自分で考えても答えはでないです。『何をしていいか分からない』と思ったら直ぐに相談すれば、3年間の濃さが変わり、更に10年後、そして子どもたちの未来も変わるかもしれません。

「こんなことで悩んでるの私だけですよね?」
いえいえ、そんなことはありません。

「こんな悩み相談すると怒られませんか?」
相談する相手を選べば怒られることはありません。むしろ相談という手段を選択できていることは誇らしいことです。

≪相談できる人の特徴≫

・良い意味で自分の力の限界を知っている
・自分の考えの中に答えがないことを知っている
・問題を引きずりたくないという思いが強い

≪相談できない人の特徴≫


・自分に自信がなく、相談内容にも自信が持てない
・問題を先送りする癖がついている
・他人にどう思われるか、の方が問題解決よりも重要

相談はこんな方法で

無料個別相談

日本シングルマザー支援協会に認定された自立支援アドバイザーに、仕事、教育、人間関係(会社・家族)などの相談ができます。
無料相談(高田馬場・横浜・大阪)、遠方の方は、電話・Skypeも可能です

リライフ

あなたの特性、考え方を明確にすることで、何をどうしていけばいいのかが分かるあなた専用のノートを作成します。動き方、あなたが望む自立の方法に向かって進むことができます。
※行政導入カリキュラムで、当協会でも無料でうけることができます。

無料メール相談

専門家も揃えたメール相談で、先ずはあなたの状況を教えてください。

イベント終了後

各種イベントの後に、イベントに自立支援アドバイザーがいる場合、イベント前後でも相談をすることができます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
子どもが犠牲になるような悲しいニュースを聞くたびに、「なぜ誰にも相談しなかったんだろう?」と更に悲しくなります。
大人はまだ自業自得かもしれませんが、大人に頼らないと生きていけない子どもたちが被害者になることが多い。

これほどの大きな事件にまではならなくとも、シングルマザーの自立支援を切り取ると、早い段階で相談ができた方と、できなかった方では、3年後、5年後、10年後が大きく変わっています。

相談をしたかしなかっただけの違いが、その後の人生を大きく変えてしまう。問題を抱えるリスクが減っていくということをもっともっと伝えていきたい。その想いではじまることになります。「相談しよう!プロジェクト」です。

相談する人を間違えても、大きく人生は変わってしまいます。先ずはあなたを受け入れてくれる場所を選びましょう。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ひとりで悩まず、当協会の会員になりませんか?(無料)

登録・会費は無料です。
読むだけで勇気・元気・一歩踏み出せるメルマガをお届け
■3つの柱:1 お金を稼ぐ力を養う
■3つの柱:2 共感しあうコミュニティ
■3つの柱:3 再婚という幸せ