シングルマザー、スルー力を身につけて楽に暮らすには?

娘の結婚式、コロナで延期したのに、制限いっぱいでの開催。若い人のライフイベントを取り上げているのは、日本の未来に大きな影響が出るぞ!と思っている江成です。

■静かに追い詰められていた私たち■
若い人をもっともっともっと大事にしなきゃ!と思いませんか?
大学でも学生と、学校にこれなかった昨年の話を聞きながら、私たち中高年とは1年の重みが全然違う。これは個人のみではない、大きな損失だなと感じます。

相談に関しても研究を進めています。振り返ると、昨年の4月、5月の相談内容には特徴があるのも分かりました。今思えば私たちは、静かに追い詰められていたのだと、改めて感じました。

これ以上は正直、限界ですね。

■間違いを「撤回」できる人、スルー力が高い人■
私が見える範囲ではありますが、日本人って「撤回」が苦手なのでしょうか?
少し前に中田敦彦さんが「撤回」した時、私は大笑いしながら、大好きになりました。正直な人は信頼できます。

挑戦を続けていたら、間違うことは多々あり、動いたからこそ気付く間違いは、直ぐに方向転換をしないと、それこそ取り返しのつかないことになってしまいます。気づいた時に「撤回」と言える勇気を持っている人を、私は信頼します。

「撤回」できる人とできない人の違いは、ゴール設定でしょう。
仕事であれば、最終の売上などの結果に焦点を当てていれば、「あれ、こうじゃないぞ」と気付いたら、改めて結果を達成する行動に変更することに気付くことができます。ゴールよりも、目の前の「自分がどう思われるのか?」に焦点がある人には「撤回」はできないでしょう。

一定数の人が、「お前は間違えたんだな」など、叩こうとする人がでるので、恐怖心が勝ってしまうのかもしれません。

ネット社会になり、他者を叩く人が目立つようになりましたが、現実社会ではかなり少数です。そこ気にしても仕方ないと感じています。

そこはスルー力を身につけてスルーしましょう。楽になるし、達成が早まります。

 

 

ひとりで悩まず、当協会の会員になりませんか?(無料)

登録・会費は無料です。
読むだけで勇気・元気・一歩踏み出せるメルマガをお届け
■3つの柱:1 お金を稼ぐ力を養う
■3つの柱:2 共感しあうコミュニティ
■3つの柱:3 再婚という幸せ