中村あゆみさんのチャリティーコンサート

共働き率の高い地域の出生率は高い!女性が働くと子どもも増える!



昨日は、さいたま市の企業が運営委員会を作り、コロナで大変人たちを勇気付けたいとの思いで企画した中村あゆみさんのチャリティーコンサートが開催されました。

有難いことに、こちらの収益の一部をシングルマザーを支援する団体へということでご寄付をいただきました。

さいたま市の市議の方、そして多くの企業の方が集まり、感染予防に努めながらも、できる限りの贅沢に感じることのできる空間を作り、そして満喫している人たちを見て、一日も早く元の社会に戻りますようにと思いました。

中村あゆみさんもシングルマザーです。コロナ関係なく、ひとりで子どもを育てる大変さは感じてきたそうです。働くお母さんたちを勇気付けたいと、ママホリという活動にも力を入れてくれているそうです。

一緒に活動されているのは、斉藤由貴さん、浅香唯さんなど、私たちの年代にはドンピシャのアイドルの方々ばかり。そして皆さん働くママです。

コロナ7波では、働くママさんたちがどれだけ大変だったか・・・
他の人もそうですが、インフルエンザと同じく、子どもたちから拡がるようになり、しかも濃厚接触者になるので自分も会社も行けず、誰かに子どもを預けることもできない。

誰が大変かを競うようなことではありませんが、ママたちは自分のことだけじゃないから本当に大変。子育てが終わった今だからこそ、私も客観的にそう感じます。子育て真っただ中の時は逆に、感じる暇もなかったです。

日本シングルマザー支援協会は自立支援に特化した支援をしています。経済も精神も安定している母親を増やしたい。それが子どもの未来を切り拓くことに繋がると信じています。

裏方に徹していらっしゃいましたが、さいたま市の企業の皆さんの想いからスタートしたイベントです。自分さえ良ければではなく、自分以外の人の幸せを考えてくれる素晴らしい皆さんでした。とても居心地の良い空間でした。

心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

今朝の朝日新聞に掲載されました。

★シングルマザーチャンネル★
J・キャリア ~女性の社会復帰サポート~ コンソーシアム #Shorts

ひとりで悩まず、当協会の会員になりませんか?(無料)

登録・会費は無料です。
読むだけで勇気・元気・一歩踏み出せるメルマガをお届け
■3つの柱:1 お金を稼ぐ力を養う
■3つの柱:2 共感しあうコミュニティ
■3つの柱:3 再婚という幸せ