今のうちに準備しましょう! 職歴の棚卸しで自分を振り返る コロナに負けない!シングルマザーお役立ち情報

本来であれば、緊急事態宣言が終了するはずだった今日。

ゴールデンウィークも終わり、会社も学校も再開される平日の予定でしたが、緊急措置は継続中です。

ただ、このままでいいわけはなく、事態収束のために、しっかりと動きはじめましょう。

今できることは、自分を、見直すこと。

そのために、自分の過去の職歴を見直すのは大切です。

そんな、職務経歴の棚卸しの方法をおおしえします。

 

≪職歴の棚卸し方法≫

  1. 一番長く勤務した会社か、一番最近の会社かのどちらかのお仕事から始めます。
  2. お仕事内容をしっかり思い出します。
    ・この時に、まずは大きめの紙を用意して、書き出していきます。
  3. 朝、会社に行ったらどんなことからお仕事を始めていましたか?それを思い出していきます。
    ・そう、朝の掃除やお茶の当番も含まれますよ。1日の仕事を時系列で思い出してくださいね。
  4. それを、たくさんたくさん書き出していきます。毎日の仕事内容を残らず書き出してください。
    ・毎日ではなく、週に1回、月に1回というものも残らず書いてください。

    ※たぶん、ここで少なくても10項目以上のお仕事があるはずです。

  5. 次は、書き出したお仕事ごとに、自分に質問してみてください。質問内容は・・
    「この仕事は楽しかった?どんなところが楽しかったの?」
    「この仕事で大変だったことは?どうやって、それをがんばって乗り越えたの?」
    「どんなことに気をつけて、この仕事に取り組んでいたの?」
    そんな風に、自分に聞いてみましょう。
  6. その質問ででてきた「楽しいこと」はあなたの得意分野です。
    「大変だったこと」は成長した分野です。「気をつけていたことは」仕事のポリシーです。
  7. そこには、あなたのアピールポイントや強みがたくさん埋まっています。

 

探してみてくださいね~!!
そうは言っても自分ひとりでは難しいかも・・・ぜひ、個別相談へお越しください。

お手伝いいたします。お電話やZOOMでもできるので、お気軽のどうぞ。

 

 

コロナに負けない!プロジェクト「シングルマザーお役立ち情報」

 

 

ひとりで悩まず、当協会の会員になりませんか?(無料)

登録・会費は無料です。
読むだけで勇気・元気・一歩踏み出せるメルマガをお届け
■3つの柱:1 お金を稼ぐ力を養う
■3つの柱:2 共感しあうコミュニティ
■3つの柱:3 再婚という幸せ